TRANSACTIONS

アライド株式会社 ~M&A and Financial Advisory Firm~
HOME > TRANSACTIONS > CASE STUDY

CASE STUDY

主なアドバイザリー事例

国内大手アパレル企業E社と中国大手紡績企業F社との資本業務提携
2009年~2010年 E社の財務アドバイザー

概要

第三者割当増資によりF社がE社に40億円を出資し、約41%の議決権を取得。東証一部上場企業が本格的に中国資本を受け入れた初めての事例となった。

特色

1.   中国企業による資本参加

100年を超える歴史を誇る東証一部上場企業が本格的に中国資本を受け入れるという前例のない案件であり、交渉相手先の発掘・評価、顧客・取引先・銀行・従業員・株主等の反応の見極め、日中当局への説明等、高度な判断・対応が求められた。

2.   経営再建企業

E社は連続して赤字を計上して経営再建中であり、本件と並行して、財務リストラの一環として優良子会社の売却案件が進行していた。子会社売却後の事業計画の見通しに説得力を持たせられるかが、本件資金調達の鍵となった。

3.   大規模かつ有利発行となる第三者割当増資

本件は、東証の有価証券上場規定に定める25%以上の株式の希薄化を伴う大規模な第三者割当増資であり、また、日本証券業協会の指針に照らして有利発行と判断される株価での割当であったため、株主総会での承認決議が必要であった。

4.   筆頭株主の対応

E社の議決権の約25%を保有する筆頭株主がE社経営陣への不信任を表明しており、株主総会での承認決議を得るために、筆頭株主・一般株主双方にとって魅力のある成長シナリオの策定とIR・PRによる周知が求められた。

弊社は、本件において、株式引受先であるF社の発掘及び交渉、事業計画及び将来キャッシュフロー予測モデルの策定、出資スキームの構築、デュー・ディリジェンスのアレンジ、筆頭株主対応等、案件の発端からクロージングに至る中心的な役割を果たした。

前へ 1 2 次へ
このページのTOPへ戻る